卒業論文

 このページでは、宮川研究室を卒業された先輩方が書かれた卒業論文のテーマを紹介します。宮川ゼミ2年間の集大成となる卒業論文のテーマから、宮川ゼミではどのようなことを研究しているのかを知ることができます。

5期生(2018年度卒)

衣笠 有紀 : 1997年から2016年までの20年間におけるセクター別財務特性
小松 愛実 : 日本の産業別財務特性の分析
鮫島 涼子 : IPOの初期収益率に関する実証研究
末近 菜穂子: 日本企業における分社化が企業価値に及ぼす影響に関する実証研究
西尾 美幸 : 公募増資発表後の株価変動
東浦 智哉 : PER,PBRの四事象マトリクスに基づく日本企業の分析
柳田 恵里 : 公募増資による企業価値へのインパクトに関する実証研究
横山 遼大朗: IR活動による株価形成への影響に関する実証研究
        ~IR活動は株価変動を抑えるのか~
吉村 綾香 : 日本企業の多角化ディスカウントに関する実証研究
        ~多角化は企業価値に何をもたらすのか~

4期生(2016年度卒)

阿部 祐也 : 研究開発型企業が資金保有に与える影響に関する研究
有末 早希 : 自社製品を用いる株主優待と企業価値の影響
杉山 聡一 : わが国の自己株式に関する研究レビューと近年の活用動向
竹内 梨子 : ROE の平均回帰傾向に関する実証研究
西 孝史  : 企業の情報開示が企業価値に与える影響について
橋詰 悠生 : 経営者による株式保有が配当政策に与える影響
林 雅貴  : 長期保有優遇株主優待の株価パフォーマンスに関する実証研究
細見 圭祐 : CSR が企業業績に与える影響に関する実証研究
松本 智樹 : 成長企業と成熟企業における自己株式取得のアナウンスメント効果
八木 駿一 : 日本の株式市場における株主還元の評価に関する研究
渡辺 久晃 : アベノミクス以降の企業の経済的パフォーマンスの動向

3期生(2015年度卒)

奥 未歩  : 株主優待制度に関する研究
        ~自社製品と自社製品以外を優待する企業の観察~
川畑 勇紀 : 社外取締役導入の効果に関する研究
蔵下 佳奈絵: 女性の活躍が日本企業のパフォーマンスに与える影響
小嶋 咲穂 : 無形資産が配当に与える影響に関する実証研究
髙橋 竜一 : ブランド価値が企業の資本効率に与える影響に関する研究
田中 千尋 : 日本企業の買収防衛策導入の動機に関する実証研究
中川 愛美 : ROE向上策と企業価値に関する研究
長島 瑠美 : コストリーダーか差別化か
        ~企業パフォーマンスへの影響~
東 耕太  : 日本企業の株主構成とペイアウト政策に関する研究


2期生(2014年度卒)

油野 奈菜 : 株主優待の不平等性が企業価値に及ぼす影響
小野 夏実 : 企業による積極的な情報開示が企業価値に与える影響
苅谷 萌  : 研究開発型企業におけるスラック戦略は投資家からどう評価されるか
久米井 静香: 企業ウェブサイトが企業価値に与える影響について
蔵田 美優 : 買収防衛策の廃止時における経営者保身仮説の実証研究
        ~買収防衛策は何を守ろうとするのか~
曽根勝 有紀: 株主優待制度が企業価値に及ぼす影響に関する研究
中川 亜也羽: DCF法による企業価値評価から見たダイキン工業の経営戦略
濱田 倫子 : 株主優待制度の廃止が株価に及ぼす影響に関する研究
星野 裕成 : 研究開発投資のボラティリティと配当政策の関係
前田 晃治 : 在庫管理政策が経営成果に与える影響
松野 峻典 : 研究開発投資が企業の内部資金制約に与える影響


1期生(2013年度卒 修士論文)

國信 奈苗 : 日本企業における現金の競争効果に関する実証研究


1期生(2013年度卒)

今西 亮介 : 財務政策が企業価値に与える影響 
        ~鉄鋼業界のケーススタディより~
奥本 将史 : 国営企業の政府保有株式売却に対する株式市場からの評価
兼井 奈央 : 広告宣伝投資がもたらすコーポレートブランド構築への影響
川野 通代 : ファミリー企業の資本政策がコーポレート・ガバナンスに与える影響
木村 大悟 : M&A による株価効果に関する実証分析
小坂 陽兵 : 企業の負債政策が株式市場の評価に及ぼす影響
芝内 淳人 : 成長企業の配当政策におけるシグナリング効果の限界
鈴木 駿一 : 自動車産業構造の変化と企業価値への影響
田邊 了三 : 企業ブランドが東日本大震災時の株価に与えた影響に関する研究
藤井 翔太 : R&D とパテント政策