夏合宿 in 滋賀 2日目

 8 月 19 日、夏合宿の 2 日目は午前中のゼミからスタート!仮説検定型の計量経済学がどういうものなのかを宮川先生に解説していただきました。8期生は今年の前期に統計の授業を選択し、統計の用語や基本統計量の計算はある程度できるようになっていましたが、まだまだわからないことだらけでした。この日の解説を聞いて、前期の勉強の復習をし、理解を深めることができました。宮川先生が具体例を多く用いて説明してくださったので、これまでは理解していなかったところも、そういうことか!と納得することができました。

 ゼミを終えて、2 年前の夏合宿でも訪れた定食屋さんで昼食をいただきました。ボリューム満点の定食を食べてお腹が満たされた後は、メタセコイア並木に行きました。私は初めてメタセコイア並木を訪れたのですが、ずっと続く並木道に感動しました!並木道を走っている間は、車内にも歓声があがっていました。みんなが、宮川ゼミ御用達の市大のレストラン「めたせこいや」の呼び名でめたせこ、と呼んでいたのが面白かったです。雨が降ったり止んだり、あいにくの天気だったので、晴れている間にみんなで写真撮影をして、宿に戻りました。

 夕食は夏といえば!のバーベキュー!お肉や野菜など、たくさんありましたが、あっという間になくなってしまいました。心地よい風が吹いていて、バーベキューをするのにちょうど良い涼しさでした。 お風呂に入った後は、男子のコテージに集合して、宴会をしました。ER 考案のレクリエーションで、7 期生はワード人狼、8 期生はゼミ生ランキングと幼少期の写真が誰なのかを当てるゲームを考えてきてくれました。どちらのゲームも大盛り上がり!今回の合宿では、全員の幼少期の写真は見ることができなかったので、また全員の写真を見たいですね。(笑)

 天気の関係で、2 日目もスケジュール変更がありましたが、勉強も、滋賀観光も、夏らしいことも満喫することができた 1 日でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL