対面2回目! 〜次期10期生候補を添えて〜 【山口】

7月7日の輪講を担当させていただいた、ラッキーボーイ9期生山口です!

 やっと対面授業再開や!っと思ったのもつかの間、早くも2回生がゼミを決める時期に入ってきました。今回は、輪講前に説明会ということで、6人ほどの次期10期生候補が来てくれました。説明会の後の日経レポートまで一緒にやり、宮川ゼミとはどんなゼミなのか、ある程度わかっていただいたと思います。7月8日は、オンラインでゼミ説明会を開き、何人か、参加してくれました。このブログを見てくれるかどうかわかりませんが、是非来週の対面にも顔を出していただきたいですね!お待ちしています!

 さて、今回の輪講では、「第12章:エージェンシー問題、報酬、業績評価」ということで、企業で起こりうるエージェンシー問題、その解決策の一つとしてのインセンティブ、そのインセンティブを与えるための指針としての、業績評価について学びました。エージェンシー問題とは、プリンシパル(依頼人)とエージェント(代理人)との間で起こる利害不一致の問題です。これは企業だけでなく、どこにでも存在しており、例えば歯医者、例えばレストラン、、、等、私たちの身の回りにも数多く生じています。
 このエージェンシー問題を解決、つまりプリンシパルである株主が、エージェントである経営者に、望み通りに動いてもらうためにはどうしたらよいか、解決策として、報酬をエージェントに付与すること。また、その際、どれぐらい報酬を与えるのかを決める指針を決めなければなりません。しかし、そこにつきまとう問題も学び、しっかりした答えがないことも印象的でした。

 報酬は本当に大切で、給料だけでなく、ボーナス等の報酬がなければ働く気がなくなる人も多いんではないでしょうか。先月、私は実家の田植えのために帰省したのですが、その際も終わった後、両親から報酬として現金をもらいました。私としては家のことだし、自分も米の仕送りにあやかっているので、報酬は必要ないと言ったのですが、報酬があるとわかった瞬間、自分の働きように雲泥の差が生まれましたね(笑)。我ながら情けない。次は稲刈り頑張ります!

対面2回目! 〜次期10期生候補を添えて〜 【山口】 への4件のコメント

  1. 宮川壽夫

    実家の田植えの話、いいねえ~!
    この話好きだなあ。

    返信

    1. 山口裕健

      光栄です!
      実は腕の中途半端な日焼け後が田植えの名残だったりします笑

      返信

  2. 杉山聡一

    給料だけではなく、ボーナス等の報酬がなければ働く気が無くなる…。成果主義の申し子やね。
    エージェンシー理論、CORE論文の核だっただけに思い入れがあるよ(笑)今後の研究に応用するやろし、しっかりと理解してね!

    返信

    1. 山口裕健

      杉さん!コメントありがとうございます😊
      先日の宮門会ではあまり喋ることができなかったのでまた喋りたいですー!
      報酬がないとやってられないですよ笑
      そうだったんですね!了解です。頑張ります!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL