荷造り【鳥海】

こんばんは、7期生の鳥海です。こんな僕ですが、大阪市立大学を無事に卒業できることとなりました。(多分)

卒業できることがわかってからもあまり荷造りが進まず、気がつけば大阪を離れるまであと10日もないところまで迫っていたので、つい先日、一念発起して荷造りをしました。

自分はあまり整理整頓を日頃からキチンとするタイプではなかったので、いざ整理を始めてみると大学入りたてのシラバスやドイツ語のノートがわんさか出てくること。
その中でもたくさん出てきたのが過去のゼミのノートやレジュメです。ずっと溜め込んでたので、あ〜こんなんやったなとか思いながら、東京に持っていく用のダンボールに入れたり、入れなかったり‥。笑

受験の時の参考書とかはバンバン捨てるタイプですが、なぜかコーポレートファイナンス等は全く捨てる気にならず即東京行きが決まりました。開くかどうかはおいといて。

開いても写真を挟んでるわけじゃないし寄せ書きが書いてるわけじゃないけど、ただどんなことを勉強したかを鮮明に思い出せるような気がしたので持っていこうと思います。そしていつかゼミで学んだ知識が生かされる時を待ってます。

今日のブログは久しぶりですが、これで終わります。めちゃくちゃ短いです。
今からラーメン食べに行ってくるのでパソコン閉じます。

後輩ブログ活用しーや!こんな短いブログでもええから。笑

荷造り【鳥海】 への3件のコメント

  1. 宮川壽夫

    ようやくブログ書く人がいて安心したよ。7期生も8期生もさ、思えば卒論発表会が終わった途端だれもなにも言って来ないからなあ。卒業旅行の件もそうだけど、卒業式が中止になるという知らせを聞いてもだれも反応もしないし、連絡も相談もしてこないし。やっぱここの学生って卒論指導やコア論文みたいに自分が必要なときだけ連絡してきて、用がなくなると全く音信が途絶える薄情なやつらだなあと落胆している日々です。そういうもんかね。そんなわけで今年こそ卒業メッセージはやめようと思っていましたが、なんとか低いモチベーションでやり遂げました。ま、やってるうちに気持ちはノってきましたけどね。気持ちは込めましたが、なんだかさびしいもんだなあと。

    なにもしなければ事態はなにも変わらないし、なにも言わなければだれにもなにも伝わりません。気持ちがあったとしても。それはその程度のものということですね。相手はそうとしか理解してくれません。私はいつもそう思って生きてます。

    返信

鳥海直人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL