ダイキン工業(株)訪問

ダイキン工業株式会社を訪問し、CSRについてお話を伺いました

 7 月 25 日にダイキン工業株式会社へ訪問し、CSR・地球環境センターの中川さんと西邑さんに CSR についてお話を伺いました。 6 期生も 7 期生も 2 人が卒論で CSR を取り上げていますが、本や論文にある知識だけでは実態がわかりにくい分野であるように感じます。空調機メーカーでトップシェアを誇るダイキン工業(株)から CSR について具体的なお話から、実際企業がどのように社会に働きかけているかを学びました。

 2003 年が CSR の経営元年と言われています。文献を読むと、それより以前は今と比べると投資家はあまり注目していなかったテーマだったようにも感じます。しかし、現在では投資家は CSR に注目し、企業と投資家の両側から CSR をどう評価すべきか考えて行動しているのだと思いました。CSRは企業にとってもはや重要な経営戦略のひとつではないでしょうか。今回の訪問で環境に特化した CSR のお話があり、空調機販売メーカーらしさを感じました。ダイキンがエアコンを世界に広めることと、社会がよりよくなっていくことがつながるという希望に胸が躍りました。全ての企業の活動が社会をよりよくするものならば、平和な世界が実現されるのではないかと思います。

 ミーティングの後、先生と訪問に参加したゼミ生でお茶をしました。それぞれが印象に残った点を話し合いながら、学ぶことが多い貴重な訪問だったと嬉しく思いました。お忙しい中時間を割いてお話を聞かせて頂きました中川さんと西邑さん、そして研究のために今回の場を設けてくださった先生、本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL