卒論を終えて【鳥海】

こんばんは、7期生の鳥海です。
先日卒業論文の製本受付を生協にて済ませてきました。

製本してからまた改めて研究室に行こうと思っていたのですが、その前に先生からごくろうさんと労いの言葉をもらい心の底から頑張ってよかったなと思いました。
そのほかに先生からかけてもらって嬉しかった言葉が、「よく考えてよく粘った」という言葉で、こんな褒め言葉をもらえるとは思っていませんでした。
僕は飽き性でどっちかというと人より粘り強さはないほうかなと思っていたので、粘り強さというのが自分の新たな一面として出てきてくれたような気がして嬉しかったです。

ただもしかしたら、この卒論においては、自分の中で「負けず嫌い」と「のめり込みやすさ」がうまく作用してくれたんじゃないかなと思っています。
同期が面白いテーマで、どんどん研究を進めていたからこそ僕は頑張れたし、先生が一緒に考えてくれて、自分がおもしろいと思うテーマで研究を進められたから夢中になって書けたんだと思います。

僕は自分の書いた論文に自信を持っていて、それと同時にこの論文はこのゼミだから書けたんだという感謝もしています。
こういうのあとがきに書くものなんですけど、出してから芽生えた感情なのでこっちに残しておきます。笑

この感情が自分だけじゃなくてみんなにもあるならほんまにこのゼミで会って一緒に頑張った意味あるな〜

まだ頑張っている人ももうあとは駆け抜けるだけやから、満足いくまで頑張って!


めちゃくちゃ余談ですけど、僕ブラインドタッチできなくて、練習のためにこの文章はキーボード見ないで打っています。誤字あっても許してください。

卒論を終えて【鳥海】 への2件のコメント

  1. 杉山聡一

    「この論文はこのゼミだから書けた」って感じたって聞けて、嬉しいよ。
    論文に限らず、今後の仕事や私生活、人生に対して影響を受けた2年間やと、僕は思ってる。
    卒論お疲れ様!

    返信

    1. 鳥海直人

      スギさんありがとうございます!
      人生に本当に大きな影響を受けたと思います。しんどいことも楽しいこともいっぱいあった2年間で、すごく充実した2年間でした!
      これからもよろしくお願いしますね!笑

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL