日経メディアマーケティングの方々がお越しくださいました

日経メディアマーケティングの方々がお越しくださいました

 6 月 26 日に、日経メディアマーケティングから大村社長をはじめ、5 名の方々がゼミにお越しくださいました。ディベートの練習試合と日経レポートを見学していただき、大村社長にお話を伺いました。

 ゼミでは現在、「社外取締役の導入は企業価値の向上に効果的であるか」というテーマで6 月末に行われるディベート大会に向けて準備をしています。その練習試合の様子と、ディベートに引き続き、社外取締役についての日経レポートで議論を交わす様子を見学していただきました。 

 その後大村社長から、立論ペーパーに図を用いたりして、相手にわかりやすいよう工夫すること、自分の言葉に責任を持って主張することなどのアドバイスをいただきました。 自分が話している言葉の意味を理解せずに使っていたり、意見を言った後に「分からんけど」と言って保険をかけてしまうことがあり、責任を持って発言していない場合が多いと感じました。行動に責任が伴うように、言葉にも責任が伴うことを普段から意識し、心掛けていこうと思います。

 ゼミの後は「てこ」に場所を移し、お好み焼きを食べながら大村社長の新聞記者時代のお話や仕事のことなど貴重なお話を伺いました。記者会見風に質問する場面もあり、大いに盛り上がりました。人を惹きつける文章を書くためには、結論を先に述べて、見出しと最初の 10 行でもっと読みたいと思わせることが重要だというお話でした。主語と述語を正しく用いて簡潔に相手に伝えることを意識してディベートにも生かしたいと思います。

 さらには、宮川研究室がいつもお世話になっているNEEDS-FinancialQUEST や日経テレコンのお話も伺うことができて、大変勉強になりました。お忙しい中、東京からお越しくださった大村社長、大阪営業所の皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL